ステンドグラス・パターン・デザイン04【やや複雑なもの】


image

ステンドグラスのパターン(柄)デザインを淡々を描いていくシリーズ、その4。

過去に描いたパターンは以下から。

ステンドグラス・パターン・デザイン01

ステンドグラス・パターン・デザイン02

ステンドグラス・パターン・デザイン03

デザインとその過程

image

六角形の中に、色んな線を引く。

image

敷き詰める。

image

間引く。

image

30度回転。

image

大小の正三角形を沢山並べて、このような図形を描く。

image

繋げて、並べる。

image

30度回転。

image

六角形と三角形を使ったこんなカタチ。

image

敷き詰める。

image

30度回転。

image

以前にも描いた、こんなカタチ。

image

星だけを抜き出して等間隔に並べる。間に八角形ができる。

image

それを45度回転し、円や八角形で囲んだデザイン。

image

正方形と、それを45度回転させたものをベースとして、このような線を描く。

image

もう一つ、このようなカタチ。1:√2の関係を使っている。

image

2つの図形を交互に並べて。

image

45度回転。

image

次は、こんなカタチ。これも、1:√2の関係を使っている。

image

4つ並べてその間を同じような図形で埋める。

image

敷き詰めて色んな柄に。

image

45度回転。

image

正方形と、それを45度、22.5度回転させてできる図形を使って。

image

ピッチを変えたバージョン。

image

更にアレンジして進化させたバージョン。

image

22.5度回転。

image

何となく描いた。色んな柄の元ネタのようなもの。

image

何となく描いた、パート2。

image

正方形を4つ並べて、斜めの線を入れたもの。

image

余計な線を間引く。

image

分かり易くするために、色付け。

image

4つ並べて、色付けを互い違いにする。

image

並べて柄に。

image

45度回転。

前回も今回も幾何学系のパターンばかりだ。そうではない、自由曲線を使ったパターンも描きたいところだが、なかなか難しい。ただ、それで良いような気もしている。幾何学的な図形はまとまりが良い。

しかし、幾何学系は大概描き尽した感があるので、次にパターンを描くことがあれば、少しは自由曲線系にも挑戦してみたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。