蝶のステンド① – 構想・デザイン



image

構想・コンセプト

何となく、蝶のステンドが作りたくなった。

小さめのサイズで、ケイムはFH3sを使う。

FH3は初めて使う。一番幅が細いケイムなので、これでどこまで組めるか、試してみたい。

デザイン

image

ウェブで探せば無数に蝶の画像が出てくる。それを見て、Illustratorで沢山ラフを書く。

image

その中から、良い感じに描けたものを抜き出し、向きを揃える。一方向に揃って飛んでいく感じのイメージにしようと思う。

これを、この感じをできるだけ損なわないように、そのままステンドのデザインに落とすことを目指す。となると、とりあえず背景を考えなければならない。

image

ロサンジュにしてみようと思う。斜めの角度は60度に。

image

そこに蝶をとりあえず配置。

image

線を整えて、背景との関係性を微調整。やはり、線が単純になるこの段階で、蝶っぽさが結構失われてしまった。

image

小笠原伯爵邸のように、左右対称でもう一枚配置するデザインにしてみようと思う。

線書きはとりあえず完成。パネルのサイズはW:240mm×H:360mmとする。ピース数は一枚で。172ピース。

ガラス

イエローとクリアの2色の予定。


image

ココモのロンデライト・イエロー。色がビビッドでテクスチャも派手なガラス。

クリアは、ニューアンティークを予定している。

次回、デザインの見直し・製図・ガラスカットの順に進めていければと。ピース数が少なめなので、早々に仕上げたいところ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。