村上隆の五百羅漢図展2016 – その4



Image

村上隆の五百羅漢図展、その4です。

今回は、五百羅漢図・『朱雀』と、『大仏オーヴァル シルバー」』、をご紹介します。

五百羅漢図「朱雀」


Image

今回は背景のベース色が黒。


Image


Image


Image


Image

火の鳥!?


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image

この泡のようなのがほとばしる感じ、良いです。


Image


Image

「玄武」の羅漢はクオリティが高いです。


Image


Image


Image


Image


Image


Image


Image

大仏オーヴァル シルバー


Image

2011年制作 銀 136.5 × 80.5 ×78 cm


Image


Image


Image


Image

アートとデザイン

今回の「朱雀」は、他の五百羅漢図と比べて、コミカルでデザイン性と密度が高い気がします。背景のドットも滅茶苦茶複雑ですしね。

そして、「青龍」や「白虎」と違い、全ての羅漢がビビッドな蛍光色のラインで縁取りされており、よりモチーフを際立たせたポップな仕上がりになっています。

村上隆の絵は、デザインと言う観点からも、構図や色の組み合わせが面白いものが多く、大いに勉強になるし、インスピレーションをもらえます。その平面的な画風は、ステンドのデザインをする際にも、アイデアの源泉に十分なり得ます。

ポップの要素とステンドの組み合わせなんてのは、面白そうですよね。


Image

今回の展示は人が多かったこともあり、写真はアップの物ばかりになってしまいました。こうやって見ると、引いた画が殆どないですね・・。多少人が入り込んでも良かったので、もっと全体像が分かるモノを撮っておくべきでした。反省します。。

さて、次回は五百羅漢図最後の「玄武」と、村上隆の最新作、他をご紹介します。まだまだ続くぞ~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。