村上隆の五百羅漢図展2016 – その3



Image

その1その2に引き継き、村上隆の五百羅漢図展、その3です。

今回は、五百羅漢図・『白虎』と、『欲望の炎–金」』、『竜頭』をご紹介します。

五百羅漢図「白虎」


Image


Image

所狭しと羅漢が並びます。


Image


Image


Image


Image

こいつは白虎ではない!?


Image


Image


Image


Image

こちらが白虎。ホワイトタイガー。


Image


Image


Image

欲望の炎–金


Image


Image

凄いカタチ。倒れてこないかな・・。


Image


Image


Image


Image

骸骨の目の中にも骸骨が、更にまたその中にも・・・。


Image

竜頭


Image

こちらもが骸骨in骸骨in骸骨・・・。


Image


Image


Image


Image


Image

ゴージャス

「青龍」「白虎」「朱雀」「玄武」の4つに分かれている五百羅漢図は、基本的に背景の色・柄が違います。今回の「白虎」は、赤い背景に赤のドット模様が特徴的です。白虎なのに赤。

そこに、数百体の羅漢(仏道修行者、仏などを指す)が所狭しと描かれています。形も、画面上下にいっぱいの大きさのモノから、手のひらサイズまで様々、いでたちや表情も様々。見る者を楽しませてくれます。

妙にはっちゃけてる羅漢や、生きてるか死んでるかわからないような羅漢までいて、遊び心も満載です。

立体の方は、前回ご紹介したものと同様、金ぴかで迫力満点。芸の細かさも相変わらずです。。


Image

次回は、五百羅漢図「朱雀」、他をご紹介します。

まだまだありますよ~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。