ステンドグラス用ペースト(フラックス)の作り方



image

構想・事前準備 – Preparation

ステンドグラスのハンダ付け用のフラックス(促進剤)は、液体状のものとペースト状のものがあり、前者は「フラックス」、後者は「ペースト」と呼ばれています。

液体状のフラックスは、確かに付きは良いですが、ちょっと刺激が強いです。

両方使ったことがありますが、今のところの結論としてはペースト状のものですべてカバーできると思っています。

と言う訳で、ペーストの簡単な作り方を人に聞いたので、今回、実際に作ってみます。

材料・レシピ – Material、Recipe

<材料>

 ・サラダ油 1L

 ・松脂(まつやに)200g

 ・ステアリン酸 200g

<レシピ>

 ①サラダ油を沸騰させる

 ②松脂を沸騰したサラダ油に入れて溶かす

 ③松脂が全て溶けたらステアリン酸を入れて溶かす

 ④全てが溶けて混ざったら火から下ろし、常温で放置→凝固して完成。


image

サラダ油。今回はキャノーラ油を使用。OKストア高円寺店にて購入。654円。


image

松脂。東急ハンズ池袋店にて購入。270円。少量で売っているのは、自分の知る限りここだけ。


image

ステアリン酸。東急ハンズ池袋店にて購入。999円。薬局などでは売られていなかったので、これも購入先は限られるかと思います。


3つの材料のどれも毒性のないものなので、安全安心で良いです。

製作工程 – Production process


image

油を測ります。今回は半分の量で作るので、500g。



image

松脂100g。琥珀色で綺麗です。



image

ステアリン酸100g。細かい粒子状になっています。写真のは50グラムなので×2で。



image

油を火にかけます。我が家はIHで、使うのははじめてです。



image

暫くすると温度が上がって煙が出てきました。


当たり前のことですが、油は沸騰と言っても水のようにボコボコしないです(・・・と後から思い出しました。。)。

・・・

はい、ここで火災報知器作動。。

「カジデス… カジデス… ピーピーピー!!!」


image

これ、喋るんですね、はじめて知りましたw  煙が上がったら直ちに火を切りましょう♪



image

油は十分な温度に達しているので、ここからは火を切ったままで良さそうです。松脂を入れると直ぐに解けます。続いてステアリン酸を投入。軽くかき混ぜたら、このまま常温で凝固するまで放置します。


この段階では松脂の臭いが結構きついので、気になる方は気になるかもしれません。


image

数時間後、固まっていました。固まると臭いも消えます。



image

質感はこんな感じ。結構柔らかいです。栗きんとんか芋ようかんのような見た目ですね。


おわりに – In conclusion

実際にハンダ付けをして使ってみましたが、市販のものに比べてもそんなには遜色ないです。十分、実用に耐えうります。

ただ、、ちょっと柔らかいですね。油の量をもう少し減らした方がよさそうです。人に聞いた作り方が油1Lだったのですが、早とちりで1L=1kgと考えてしまいました。。油は水より軽く、比重が0.9程度なので、今回の場合は500g×0.9=450g程度で良かったです。そのままで使えない程でもないので使いますが、ステアリン酸が余っているので、もう一度溶かしてステアリン酸を加えても良いかもしれません。

さてさて、使いきれないくらい大量に出来てしまいました。。この先何年も使えそうです。そんなに沢山使うものでもないですからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。